dm-20180615-008.jpg


【龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢】のテキスト誤植について。

・・・
dm-20180615-008.jpg



RP06 SR S6/S10【龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢(ビギニング・オブ・ジ・エンド)】
ドラゴンギルド/マフィ・ギャング
闇文明・コスト9
クリーチャー
パワー8000
■このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき-1000される。
■W・ブレイカー

呪文
闇文明・コスト3
■自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。



RP06 SR S6/S10【龍装鬼 オブザ08号/終焉の開闢(ビギニング・オブ・ジ・エンド)】
ドラゴンギルド/マフィ・ギャング
闇文明・コスト9
クリーチャー
パワー8000
■このクリーチャーを召喚するコストは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき1少なくなる。ただし、コストは0以下にならない。
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。そのターン、そのクリーチャーのパワーは、自分の墓地にあるクリーチャー1体につき-1000される。
■W・ブレイカー

呪文
闇文明・コスト3
■自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。


cap-20180622-000009.jpg
http://dm.takaratomy.co.jp/rule/rulechange/change-0078/

関連
総合ルール|デュエル・マスターズ
dm-20180606-057.jpg
デュエル・マスターズTCG デュエマクエスト・パック ~伝説の最強戦略12~ [DMEX-02]
Amazon● ●駿河屋● 

dm-20180510-014.jpg
双極篇 拡張パック第2弾 逆襲のギャラクシー卍・獄・殺!! [DMRP-06]
Amazon● ●駿河屋

dm-20180507-000-499-260.jpg
クロニクル・レガシー・デッキ2018 究極のバルガ龍幻郷 [DMBD-05]
Amazon● ●駿河屋

dm-20180507-001-499-260.jpg
クロニクル・レガシー・デッキ2018 至高のゼニス頂神殿 [DMBD-06]
Amazon● ●駿河屋
関連記事



このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
  1. (No.70292)
  2. 場にいる限りじゃなくなったのか
    2018/06/22(Fri) 13:19:43  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  3. (No.70293)
  4. 誤植多くね
    2018/06/22(Fri) 13:25:05  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  5. (No.70294)
  6. 最近マジで誤植多いな
    今までのテキスト変えて省略する感じにしたのが良くなかったか
    2018/06/22(Fri) 13:47:13  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  7. (No.70295)
  8. このエラッタは結構デカイな…これ出してGTで取るみたいなことは同じターンじゃないと出来ないのか…
    2018/06/22(Fri) 14:51:24  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  9. (No.70296)
  10. むしろエラッタ後が本来想定されてた処理法でしょ
    あたりポンの助のような永続にするなら「このクリーチャーが場にある間」の一文が必ず入るはずだし

    誤植に関してはテキスト班しっかり確認して♡
    2018/06/22(Fri) 15:08:01  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  11. (No.70307)
  12. アポロヌスの時は直さなかったのにな!
    2018/06/23(Sat) 00:01:27  | URL | 名無しさん. - | 【編集
コメントを投稿

・「※」または「米」でコメントのポップアップができます。
・コメント投票ツールを導入しました。
・誹謗中傷や不謹慎な書き込みはお控えください。
・管理人判断で削除・規制及びプロバイダ通報を行う場合がございます。
・巻き込まれ規制などが発生する場合がありますが、ご了承ください。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック