cap-20181001-000171.jpg


日本初のブロックチェーンTCG「CryptoSpells」のプレセールが開始。
ゲームルール自体はハースストーンやシャドウバースと同じ方向性。
カードの制限やナーフなどはプレイヤーの投票によって決定。

・・・


cap-20181001-000169.jpg

■ブロックチェーンTCGとは
ゲーム内のカードデータをビットコインなどと同様にブロックチェーン上に記録し、1枚1枚の所有権や取引記録を証明できるため、実際の紙のTCGのようにカードのトレードが可能。「クリプトスペルズ」ではカード売却によって得られた売上金はビットコインとしてゲーム内ウォレットに反映されるので、出金することも可能。



cap-20181001-000171.jpg

■カードのレアリティや発行枚数について
新カードは発行から14日間のみ購入可能。レアリティごとに発行上限があり再販は行われない。
レジェンド999枚
ゴールド1999枚
シルバー4999枚
ブロンズ9999枚
フルプールでデッキ構築ができるのは最大でも999人のみ(デッキ内同名枚数上限不明)。

ショップ画面ではカードごとに
・発行終了までのカウントダウン
・総発行枚数
・ビットコインでのレート
・SPL(PayPal決済で購入できるゲーム内通貨)でのレート
がリアルタイムで表示されている。

cap-20181001-000172.jpg
10月1日17時頃の一番人気はレジェンドの「プリンセスブロッサム」
お守り隊を場にばらまけます(場上限7)

cap-20181001-000173.jpg
もう1枚のレジェンド「ディバインドラゴン」
全体バーン持ちの高コストドラゴン。赤(ドラゴン)と黒(サキュバス)のリーダースキルを食らうと死ぬ体力なのが気になります。


■人気TOP3について(10月2日23時ごろ追記)
cap-20181002-000176.jpgcap-20181002-000177.jpgcap-20181002-000178.jpg
「ライトニングボール」が4000枚ほど買い占められ、発行枚数6000枚を突破。
現状最も体力の大きいユニットが4マナ2/5(挑発、守護)なので除去スペルとしては強くはないですが、対象に取れるカードが「ユニット」ではなく「キャラクター」となっているので、おそらく敵リーダーへの直接火力として機能します(単体除去スペルは現状これのみ)

「採集」は現状唯一のドロソ。初期手札枚数が不明なのでカード評価自体は不可能ですが、1000枚程度買い占めた人がいるようです。

「スノーマン」以外に1マナユニットとして2/2のバニラや1/1スピードアタッカーが存在しますが、そちらはまだ購入不可。
マジックボトルの詳細が明らかでないので、このカードも評価不能ですが売れているようです。



oth-20181001-006.png

■バトルシステムについて
・デッキ枚数:30枚
・同名投入枚数:不明
・LP(ライフポイント):30
・手札上限:10枚
・初期手札枚数:不明
・場のユニット上限数:7体

発表されている数値面はハースストーンとすべて同じ


以下推測(ゲーム画面、カードのテキストから)
・マナは最大10
・リーダースキルはドラクエライバルズ型(テンションは最大3、上げ方は不明)
・召喚酔いあり
・ハント型戦闘形式
・与えられたダメージはターンをまたいでも回復しない
・「キャラクター」はリーダーとユニットを指す

■バニラユニットのマナレシオ
コスト1、攻撃力2、体力2
コスト2、攻撃力3、体力2
コスト3、攻撃力3、体力3



oth-20181001-008.png

■カードの種類
・「ユニット」:コスト、攻撃力、体力を持ち、相手ユニットかリーダーを攻撃できる
・「スペル」:4マナで6ダメージが基準値?
・「土地」:MTGの土地とは違い、エンチャント、永続魔法、アミュレットのようなもの
・「マジックボトル」:ゲーム中に能力などで生成されるスペルカード



oth-20181001-007.png

■リーダー(全10人)
赤 / ドラゴン
リーダースキル
チャージ3:相手キャラクター1体に3ダメージ

青 / ソーサラー
リーダースキル
チャージ3:マジックボトルを3枚手札に加える

緑 / エルフ
リーダースキル
チャージ3:1/2のエルフを2体出す

白 / パラディン
リーダースキル
チャージ3:マナを2獲得する

黒 / サキュバス
リーダースキル
チャージ3:相手ユニット1体を-4/-4する


oth-20181001-009.png

■カードの能力
大部分はハースストーンやシャドウバースと同じなので経験者には取っ付きやすい仕様。
「チャージ時」の能力はドラクエライバルズのテンションスキルのようなもの?



cap-20181001-000174.jpg

■登録
公式サイト右上の「ログイン」または「Twitterでログイン」をクリックするとツイッター連携認証を通して公式サイト内にアカウントが作成されます。カードの発行枚数などもリアルタイムで確認可能。
CryptoSpells公式サイト

「WALLET画面」からビットコインを入金したりPayPal決済でゲーム内通貨「SPL」を買ってゲーム内残高としてカードの売買を行います。

まだバトル機能は未実装なので、現状はカード収集のみ。
バトル機能は2019年初旬にリリース予定。

企画倒れになる可能性もあるので通常のデジタルTCGの感覚で課金するのはオススメできません。













関連
Cryptospells公式サイト
バトルシステムについて – CRYPTO SPELLS – Medium
【NOVA BLITZ】ブロックチェーン技術によりカードの交換や売買を可能にするデジタルカードゲーム「NOVA BLITZ」の日本語版ホワイトペーパーが公開 アドバイザーにはMTGの生みの親「リチャード・ガーフィールド博士」も


銀鍵のアルカディアトライブ ブースターパック第1弾 GAB-01 開戦 BOX
角川書店 (2015-10-22)
売り上げランキング: 250,295
関連記事


他サイトオススメ記事
Powered By 画RSS


キーワードクリプトスペルズ  CryptoSpells 
FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
この記事へのコメント
  1. (No.71816)
  2. 「優勝デッキのコピー」って概念が無さそうだな
    2018/10/01(Mon) 20:56:32  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  3. (No.71819)
  4. なんでこんな胡散臭いカードゲーム宣伝してるのかと思ったら招待するとビットコイン貰えるのか
    2018/10/02(Tue) 02:09:31  | URL | バロム - | 【編集
  5. (No.71822)
  6. リアルマネートレード推奨MMOのDCG版
    例にあるグリードアイランドも末期のそれがモチーフなんだよね

    今となっては、ガチャとどっちが悪質なのやら
    2018/10/02(Tue) 12:37:31  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  7. (No.71823)
  8. 強カードを999枚しか配らないとかゲームさせる気無さすぎて草
    2018/10/02(Tue) 19:30:48  | URL | 名無しさん. L9ACpnHw | 【編集
  9. (No.71831)
  10. 運営が雑にカード効果の文面を書いてるせいで、「ユニット」と「キャラクター」を区別できてない可能性を疑ってしまう程度には胡散臭い。
    2018/10/03(Wed) 00:47:05  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  11. (No.71832)
  12. 絶対流行らんやろ
    おもしろさが共有出来るから資産価値が産まれるのに、面白いかどうかも判別できないほどカード絞ってるゲームが流行るとは思えない
    2018/10/03(Wed) 00:47:19  | URL | 名無しさん. - | 【編集
  13. (No.71833)
  14. あほくさ
    2018/10/03(Wed) 11:35:12  | URL | 名無しさん. - | 【編集
コメントを投稿

・「※」または「米」でコメントのポップアップができます。
・コメント投票ツールを導入しました。
・誹謗中傷や不謹慎な書き込みはお控えください。
・管理人判断で削除・規制及びプロバイダ通報を行う場合がございます。
・巻き込まれ規制などが発生する場合がありますが、ご了承ください。

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック